--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

01.09

本日、ひまちゃんが天に召されました。

今日、1月9日の朝、飼っていたハムスターの"ひまわり"が天に召されました。
異変に気づいたのは、昨日の夜遅くでした。
何だか呼吸がおかしいなぁと思い旦那に伝えたところ
やっぱりおかしいと言う事で、触ってみたら体が冷たくなっていました。
気づいたのが午前1時。しかも日曜でしたから、どこの動物病院も
やっているわけありませんでした。かたっぱしから電話をかけたのですが
どれも留守電に繋がるばかり。仕方が無いと、出来るだけ暖かくして
祈るような思いで朝まで待ちました。
『もっと早く気づいてあげられれば』と思うと涙が溢れなかなか寝付けませんでした。
そして、今日の朝、駆け込むように動物病院に連れていったら、すぐに保育器に入れられ、暖かくしてくださいました。
だけれど、ひまちゃんはもう2年強生きているということで、寿命による老衰であると言われました。触ったところ特に腫瘍があったりというわけでは
なかったようです。
ただ、2年目の冬は正念場らしく、この時期によく仮冬眠みたいな症状が出るそうです。寒暖の差についていくのが年齢的に厳しいらしい・・・。
様子を見てまた、折り返しご連絡します。ということで一時帰宅したのですが、午前11時過ぎ、病院から連絡があり「残念ですが・・・。」と引き取りに来て下さいとの連絡が来ました。
先生に「あの息では厳しいかもしれません。」と聞いたときから覚悟はしていましたが、ちょっと早かったです。
涙を堪えながら、病院に向かい診察室で安らかに眠るひまちゃんに対峙しました。看護婦さんのお話だと、保育器に入れて暖めたら少し動き回っていたそうです。なのでブドウ糖を与えようと見てみたら、すでに息を引き取った後だったということでした。
辛いですが、生き物を飼う上では必ず直面する"死"。
ましてやハムスターは寿命が2年くらいとされてます。わかっていましたが
やはり結構きますね・・・。
ですが2年強生きたひまちゃんは『大往生』と言っていいのでしょうね。
天命を全うして安らかに眠って、、、今までありがとうと言う気持ちで近くの山に埋めてきました。

居なくなったからとて、私の携帯に、アルバムにひまちゃんは生きています。
素敵な思い出をありがとう、ひまちゃん。
2年と言う短い間、ひまちゃんにとっての一生を一緒に過ごせて本当に良かったよ。
なかなか懐いてくれなくて、でも餌を貰う時は嬉々として近寄ってきて、カラカラとアホぐらいに回し車を回してた。
一度、大脱走を図り、家のあちこちをかじり回って、ケロッとした顔で
次の日の朝、玄関からヒョコッと出てきたね。
いろんなことがあったけど、ひまちゃんと過ごした2年間は充実していました。もう、会えないけれど、私の中でひまちゃんは生き続けるのでしょう。
私のHNとHPに絶えずひまちゃんは生きています。
この思い出を胸に、天でひまちゃんが楽しく走り回ってるのを祈ってます。

湿っぽい話になってすいませんでした。
携帯に残ったひまちゃんの画像をできるだけアップしたいなぁ。
メールの返信等が滞っててすいません。時間取れ次第随時返信させて戴きます。



雑記
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。